不眠日記

寝れない夜に書く日記

2018年を振り返る

2018年の概略

  • 1月 職人じゃないけどAAがしたい! をやってた.あとはテスト勉強.
  • 2~3月 就活が佳境に.メンタルを崩す.精神科に通う.
  • 4~6月 研究室に配属される.輪講が辛く,メンタルの崩れがひどくなる.
  • 7月 中退を教授に相談.引き止められる.2週間休む.
  • 8月 単位を必死で取る.
  • 9月 研究が開始.
  • 11 ~ 12月 研究.アドベントカレンダーが若干バズる.

2018年から学んだこと

休息の必要性

休むことは必要.読書・ゲーム・睡眠は心の安寧を保つために必要な行為である.心の安寧は研究やサービス開発などの脳に負荷がかかる行為を行うためには必要不可欠なものである.休息をとったからといってこれらの活動がうまくいくようになるわけではないが,休息をとらずにやっているとそもそも活動が行えなくなるということがある.

コミュニケーションの重要性

これは具体的な(進路・学問のことなど)こともそうだし,つらい気持ちを相談するみたいな話も含めて,人に相談したり雑談したりすることで解決することもある.今まではなんだかんだ談話室に入り浸っており,知らず知らずのうちにそのようなコミュニケーションが取れていたということなのだろう.

研究の大変さ

修士に行かなくてよかった.これは僕が2年間やり続けられることではない.修士進んで研究してる人,身近にいすぎてなんとも思ってなかったけど心の底から尊敬するようになりました.博士は本当に凄い.教授は人外.

プログラミングが好きという確信

自分はプログラミングが好きである.今年は研究もそれなりに頑張ってやったけど,やはりプログラミングほどは楽しめなかった.一方でプログラミングは本当に楽しくて,研究の疲れを癒やすためにプログラミングをやっていた時期もあった.研究とプログラミングは根本的に違うので本来は比較するべきものではないけど,自分が何をやって生きていくかという観点からは,やはり研究ではなくプログラミングだなあと思うなどした.

2019年について

ぐだぐだ言う前に卒論書こうな?という話ではあるんですが,三が日までは絶対に卒論はやらへんからな.これは俺が心を守るためには必要なことなんだ.

f:id:threetea0407:20181231233634j:plain

2019年について,とりあえず今は卒論を書くことと,無事に卒業することしか考えていません(三が日まではゲームと読書しかしない).3月以降のこと,つまり就職とか引っ越しとかについては何も考えてない.度々言ってますが,中退するかしないかのところまで行った人間が曲がりなりにも卒論を書こうとしているだけでも自分を褒めたい.クオリティについては...ナオキです.

 

「ネクロポリス」を読んだ

生活に疲れて娯楽を楽しむとき,過去に体験して面白いことがわかっているものを選んでしまうということがよくあります.例えば音楽,アニメ,映画,ゲーム,漫画など.僕にとってその最たるものが小説で,好きな小説は繰り返し繰り返し読みます.通しで10回読んでる本とかはざら.虐殺器官は多分30回ぐらい読んでる.今日読んだ本「ネクロポリス」もそれで,高校生の時に一度読んだことがある.

ネクロポリス」の作者は恩田陸で,他の著作としては「Q&A」「常野物語」「上と外」「ねじの回転」などがある.他にも有名な作品はいくつかあるんだけど,僕が読んで面白かったのはこのあたり.とくに「Q&A」はめっちゃ面白いので未読の人はぜひ読んでほしい.

 

ネクロポリス」の魅力はその「地続き感」だと思う.

僕はファンタジーが好きなんですが,ヨーロッパのファンタジーはその世界に実感が持てないという欠点がある.実感が持てないというか「地続き感」が感じられない.ハリーポッターを読んでその世界が自分の世界と地続きであると感じる日本育ちの人はいないだろう.なぜなら西洋風の城というのが身近にあるわけではないし,西洋の森の恐ろしさというものを肌で感じられる機会は限られている*1.それが西洋ファンタジーのいいところでもある.未知の世界に没入して思いを馳せるという楽しみ方ができる.

ネクロポリス」はそこが西洋ファンタジーと違っている.舞台となる「アナザーヒル」は英国の近くにある地域だが,古代から近代にかけて日本人が度々黒潮に乗って流れ着いていたため,英国文化と日本文化がごちゃまぜになって融合している場所,という設定になっている.例えば建物は英国風のレンガ造りの建物が立ち並ぶが,町の入り口には巨大な鳥居がそびえ立ち,人々が語る伝承は日本の伝承と多くの共通点を持つ.

このような舞台設定に基づいて「ネクロポリス」は,ファンタジーの物語を西洋という未知の舞台*2で展開しつつ,その土地に根付いた日本発祥と思われる伝承や習俗などを物語に織り込むということをやっている.この物語の構造が僕はとても好きで,遠い未知の世界に憧れをいだきながら,一方でその物語が自分と地続きであるということが感じられるのが良い.特に伝承とかはそれを実際に聞いて育っていないと感じられないものがあると思っていて,それを使ってファンタジーを書こうとするとこういう形態になるのかなとも思う.

一度読んだことがある本だけど,筋をほとんど忘れていたのでとっても楽しめた.物語には人を没入させ現実を忘れさせる力がある.人間は定期的に物語を摂取して心の体力を回復させる必要がある.僕にとっては小説が最適の手段なのだなと思う進捗の出ない日曜日だった.

 

ネクロポリス 上 (朝日文庫)

ネクロポリス 上 (朝日文庫)

 

 

ネクロポリス 下 (朝日文庫)

ネクロポリス 下 (朝日文庫)

 

 

Q&A (幻冬舎文庫)

Q&A (幻冬舎文庫)

 

 

光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)

光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)

 

 

*1:もちろん僕も感じたことはない

*2:私にとって

パニック障害

これは精神科医に言われたのだが,パニック障害は不安の障害だ.脳内にある不安センサーが日常的な不安に過敏に反応することによって,様々な症状が出てくる.

人間は未来の不安を解決するために行動をする.不安センサーが弱すぎると未来に向けた行動ができないため,不安センサー自体は人間に必須の機能である.しかし,このセンサーが過敏に反応しすぎると緊張感が強くなり,さまざまな症状が出てくる.僕の場合は吐き気と不眠だったが,電車に乗れないとか広場に行けないというのが典型的な症状らしい.

なぜ自分がパニック障害になったのかということを考える.専門家でない自分がこのようなことを考えるのはあまり意味がなさそうだが,自分語りだと思って聞いてくれ.

 

まず,自分は非常に怠惰な学生であった.授業はサボる,徹夜でゲームはする,寮に入り浸って曖昧なコミュニケーションを取る.時間を守るという概念が希薄だった.朝も時間どおりに起きれない人間だった.

しかし,就職活動ではそうはいかない.企業の人事と時間を合わせてセッティングしてもらった面談に遅れることは許されないし,Webテストみたいなやつも基本的には時間厳守だ.

そして就職活動が一番苛烈になったのが,4回生(3年生)後期の期末試験が終わった後の1ヶ月だった.この1ヶ月のスケジュール帳には「研究室見学」「就活の面談」「サークルの発表イベント」などが所狭しとならんでおり,合間に帰省をしたりもしていた.この時期はとにかく「時間を守る」ということをとめどなくやっている状態だった.そしてパニック障害を発症した.

 

この「時間を守る」というのが自分にとってはストレスだった.もっと広く言うと,先々の予定を気にしながら生活するということに自分は耐えられなかった.4年も全くやってこなかったことだからね.4年もやってこなかった「自分のスケジュールを管理する」ということを1ヶ月みっちりやったことで,自分の中の不安センサーが過敏に反応する方に振り切れてしまったのだと思う.

これと関係あると思っているのだが,パニック障害を患ってから寝坊することがなくなった.思うに,4回生までの自分は不安センサーの働きが弱すぎ,そこに不安センサー全開で大量の予定を捌いた結果,センサーに異常が起きて狂ってしまった.これがパニック障害として観測されたということだと思っている.

眠剤を飲んでいます

眠剤を飲んでいます.いまでも継続的に飲んでいるのですが,だんだん薬なしでも寝られるんじゃないかという感じになってきた.最近酒も眠剤も飲まずに睡眠に成功したことがあって嬉しかった.しかし眠剤なしの睡眠は少し「薄い」用な感じがしている.ドカっと寝たぞみたいな充足感が薄い.その点眠剤を飲むと,とりあえずは深いっぽい眠いに就くことができるからいい.

睡眠といえばそう,最近寝起きが悪くなったんですよ.これは僕にとっては嬉しいことで,というのも不眠症が極まってたときは,眠剤飲んでても朝目が覚めた瞬間からパッキリ目が冴えてたんだよね.これは僕の23年間の人生では異常なことで,おそらく眠りが浅くなったことが原因.つまり僕にとって寝起きが悪いというのは正常な睡眠の象徴ともいえるもので,これが戻ってきたということは少しづつ不眠症が治っているということだと思う.早く眠剤が必要なくなりたい.眠剤してると酒飲めないからね.これが一番つらい.

キーボードをもらった

 このようなツイートをしたところ...

 

 神が現れ,分割キーボードを授けてくれました!

 

f:id:threetea0407:20181102230921j:plain

 

癖のあるキーボードですが,最小限のカスタマイズを施し,どうにか使えるレベルに持っていくことができました.さらなる最適な構成を目指して無限に時間を溶かしていく所存です.

欠点を上げるとすれば,メカニカルキーボード特有のクソデカタイプ音が若干気になるというのがあります.僕はイヤホンをつけて作業するので特に問題ないんですが,同部屋の人間はさぞかし迷惑だろうなと思っています.夜中には作業しないように心がけます.

きらきらしてるキーボードで作業するとわくわくしますね.こどもなので.

 

f:id:threetea0407:20181102230915g:plain

プログラミング教育について

僕が通っていた公立の中学校は、公営団地と養護施設に挟まれた位置にあって、「団地の子」と「養護施設の子」がみんな入学してくる学校だった。一方で、僕の住んでいた地域は、そこそこ高い偏差値の高校と私大が立地する「ちょっと文化的な町」でもあったのだ。その影響からか、子供の教育に熱心なご家庭がかなり多い土地柄だった。すなわち、それなりにハイソサエティな地域の中にホットスポット的にローソサエティが生じたのが私の通っていた中学校であった。

そのような状況の中学校はどうなるか?当然授業は成り立たない。成り立っている授業は"不良"が体育館裏で遊んでいる授業だった。僕も授業中は寝てるかクラスメイトとおしゃべりしていた。授業でやっている内容は、特に数学などは塾で既に習った分野を復習するだけだったので、受ける意味がなかったのだ。

定期テストのランキングでハイスコアを出しているのは僕のように塾に通って馬車馬のごとく受験勉強をしている人間たちで、一方でロースコアの人間は目も当てられないような点数を叩き出していた。そのような人間たちも、流石に受験期になると神妙な顔で勉強をし始める(塾に通い出す者すらいた!)。とはいえたかだか3ヶ月塾に通ったぐらいでどうなるわけでもなく、近所で一番偏差値の低い高校ですら受からず、最終学歴中卒と相成った人々もいた。

 

教育現場にはこのようなのっぴきならない状況がある。この上さらに「プログラミングを全ての子供に教える」のは不可能だと思う。別にやってもいいけど、特に意味はないと思う。

「学びたい子供に対して学ぶ選択肢と環境を与える」というのが、プログラミング教育が目指す方向性だと思う。具体的には、「プログラミングクラブ」とかを小中学校に設置して、放課後は自由にコンピューターを触れるようにして、適当なプログラミング入門書を置いて置けば良い。近所のプログラマーがたまにメンターしてあげられればなお良い。これで十分で、かつこれが最高のプログラミング教育だと思う。

思うに、そもそもプログラミングは授業で教えることはできない。自分で書籍などを当たってコードを見よう見まねで書いて、試行錯誤して理解するものだ。そもそも一般に、授業で教えられることってあるのか?授業で教えられることというのは実はなくて、実態としては生徒の自習を促すペースメーカーというぐらいの意味合いしかないのではないだろうか。周囲のプログラマーを見回しても、概ねそのようなことを言っている。

こういうことを書くと、それはお前も周囲の人間もハイスペだからできることで、世の中一般の人間に独学自習を求めるのは無理だ、と思う人もいるかも知れない。僕はそれは事実だと思う。事実ではあるが、それは今に始まった事実ではない。「世の中一般の人間に教育を与える」という文脈であれば、プログラミングよりも先に教えることがある。

そもそも、「全ての子供に同じ教育を与えるべきだ」というドグマ自体がもう古い。子供の才能を見抜き、その子にあった適切な教育を与える。その「適切な教育」の一例としてプログラミング教育というのは存在しているべきである。

4/29 Sun

スプラトゥーンについて

ガチホコガチヤグラがついにS+に上がりました。

f:id:threetea0407:20180429022924j:plain

突然の上達

S+に上がれたのは、これは明らかに突然上手くなった瞬間というのがあったと思う。徐々に上達したわけではない。

では何が上手になったのかというと、これは明白で、視野が広くなったのだ。

視野の広さ

視野が広いとはどういうことか。

例えば、自分がヤグラに乗っているとする。 このとき考えるべきことは2つあって、正面の妨害してくる敵を適切に処理することと、裏取りしてきた敵を殺すことである。

視野が狭いプレイヤーは正面の敵に意識を100%割かれてしまい、裏取りされた瞬間にヤグラ一帯が壊滅させられる。 視野が広いプレイヤーは裏取りしてきた敵についても警戒することができ、裏取りを防ぐことができる(こともある)。

これが「視野が広い」ということだ。

こういうことができるようになったのは、先日のフェスでの”気付き”が大きいと思う。

上達の理由

裏取りを潰すという体験

先日のフェスで久々にナワバリバトルをやったのだが、これが全然勝てない。 あまりにも勝てないので、どのような流れで負けるのかを観察するようにした。

すると、「敵の裏取り成功→自陣を荒らされる→塗り替えす→潜んでいた敵に殺される」というパターンで負けていることがほとんどであることに気がついた。

ここで僕は「では裏取りルートを何が何でも止めてやろう」と考え、裏取りルートに張り付いて敵を絶対に通さないようにした。

すると勝率はグッと持ち直し、スムーズにランクを上げることができた。

戦術の重要性と視野の広さ

この体験を通して僕は、試合の勝ち負けには戦術が大きく絡んでくるということに気付いた。 また、適切な戦術を取るためには広い視野が必要であるということも理解した。

それ以降のガチマッチでは、負けているときに「なぜ負けているのか」を観察するようになり、またどのような行動を取れば原因を潰せるのかを考えるようになった。

こういうことができるようになったのは、試合に対する心構えが変わったということが理由にあると思う。

試合に対する心構え

これまでは試合の勝敗に強くこだわっていた。 負ければ自分の人格が否定されたように感じたし、そのくせ勝ったとしても「よくわからないまま勝った」という感覚が強く、それほど嬉しさを感じることが無かった。

しかし近頃、僕は「自分が良い動きができればOK」と考えるようになったのである。 というのも、野良ガチマッチではチームメンバーのガチャもあるため、勝敗が自分の行動と独立した事象で決まることがあるし、また自分が良い動きができていれば、長期的にはウデマエも上がっていくはずだと考えたからである。

このような心構えの変化により、試合の内容や敵の動きを一歩俯瞰して見ることができるようになった。 勝つのも負けるのも”ゲーム”次第であって、自分がやるべきことは焦って特攻することではなく、”ゲーム”の内容を見極めることだ、と考えるようになったのである。

やっていき

前作は発売日から1年以上遊んでおり、それでもS帯を抜けることができずに大変悔しい思いをした。 もう自分はスプラトゥーンに関して上達することはできないのだろうと思っていたが、めでたくS+に上がることができたし、自分の中でも成長を感じることができた。

これからもスプラトゥーンを遊んでいくぞという気持ちが新たになった。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch